profile

管理人オススメ本

Powered By ソーシャルライブラリー

recent entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    応援ミク


    • 2011.04.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫) 感想

    0
      魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)
      越前 魔太郎

      魔界探偵 冥王星O ホーマーのH (講談社ノベルス) 魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫) 魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス) 電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2010年 07月号 [雑誌] 多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん (電撃文庫)

      by G-Tools

      冥王星Oとタイトルはついてますが、今回は「彼ら」を狩る、表紙の2人(金星堂)が主人公で、冥王星Oは完全な敵役。

      通常プロローグが来る一番初めの部分にエピローグがあり、すべての事件が終わった状態から始まる。いつの時期かというのが明確に書かれているのだが、エピローグをプロローグと認識して読んでしまうくらい自然に第一章に繋がっていて、最後のプロローグまで読み進めて、最初のエピローグに綺麗に繋がるのがとてもすっきりします。

      「彼ら」の被害を受けた小金井姉妹は、「彼ら」からの依頼を受けて仕事をする冥王星Oとは違い、「彼ら」の被害を受けた人間側からの依頼を受けて「彼ら」を狩る。
      今までの「魔界探偵冥王星O」シリーズでは絶対的な存在として描かれていた「彼ら」が簡単に倒されてしまうことで、「彼ら」の認識がちょいと変わる。
      「彼ら」を狩るが出来るだけ対話をしていたずらに傷つけないようにする仕事の仕方から、「彼ら」側にもまた人間に理解のあるものもいることが分かる。
      「魔界探偵」シリーズを別の側面から見られることでこの世界に対する視野が広がる感じです。

      作品のクオリティも非常に高く、キャラクターもきれいに生かされていて、読んで損はないかと思います。

      以下、魔界探偵冥王星Oシリーズの発売順


      魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)
      越前 魔太郎

      講談社 2010-04-07
      売り上げランキング : 24650
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)
      越前 魔太郎 ブリキ

      アスキーメディアワークス 2010-04-10
      売り上げランキング : 26505
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      魔界探偵 冥王星O ホーマーのH (講談社ノベルス)魔界探偵 冥王星O ホーマーのH (講談社ノベルス)
      越前 魔太郎 redjuice

      講談社 2010-06-08
      売り上げランキング : 16197

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2010年 07月号 [雑誌]電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2010年 07月号 [雑誌]
      短編:フィータスのF
      アスキー・メディアワークス 2010-06-10
      売り上げランキング :
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)
      越前 魔太郎

      アスキーメディアワークス 2010-06-25
      売り上げランキング : 12478

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools

      応援ミク



      空の彼方〈2〉 (メディアワークス文庫) 感想

      0
        空の彼方〈2〉 (メディアワークス文庫)空の彼方〈2〉 (メディアワークス文庫)
        菱田 愛日

        空の彼方 (メディアワークス文庫) 初恋彗星 (メディアワークス文庫) セイジャの式日 (メディアワークス文庫) 六百六十円の事情 (メディアワークス文庫) ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)

        by G-Tools

        「いってらっしゃい」から「おかえりなさい」までの物語。

        危険な任務に行くアルフォンスと彼の帰りを信じて防具を託すソラの絆の深まりを感じられる話でした。

        戦場だけが戦う場所じゃない。待ってる人にもそこに紡がれるドラマがある。
        遠く離れた場所で窮地に陥った彼らの為に、戦場には赴けない彼女の、防具を作るという精一杯の戦いの様子がヒシヒシと伝わってきて胸が苦しくなる。

        ディランとビアンカの関係に、人一倍「絆」に敏感なソラなりの後押しがあり、思わずニヤリとしてしまうことも。

        アルとソラの関係も恋愛の関係にいきなり進むのではなく、ソラの葛藤もきちんと書かれていて、少しずつソラとの「絆」が強くなっていく様子に心をつかまれます。


        もっと評価されるべき作品。

        応援ミク



        蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫) 感想

        0
          蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)
          橘 公司 森沢 晴行

          蒼穹のカルマ4 (富士見ファンタジア文庫) GENEZ−4  ジーンズ (富士見ファンタジア文庫) 中の下!  ランク2.中の中を目指すオレたち (富士見ファンタジア文庫) 生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫) テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫)

          by G-Tools

          JUGEMテーマ:ライトノベル

          また表紙からぶっ飛ばしてるなーって思ったけど、意外にまともな展開で一瞬クライマックスかと思ってしまった。

          前半の駆真はあいかわらずの在紗ラブの変態行動で事態を複雑にさせていってしまいますが、最後は主人公らしくバッチリ決めてくれました!……まぁほとんど丸投げっぽいですが。

          すべての行動基盤は「在紗ラブ」。
          在紗が必死に隠していた秘密を知ってもまったく動揺しない在紗ラブっぷりはすごい。
          在紗の秘密を知ってもこれまで通り変わらずの態度で、在紗との距離がますます近づいたようです。

          魔王の次は魔法少女というぶっ飛びっぷりもこの作品だと「アリ」だと思うようになってきました。
          ほんとに何でもありみたいになって、そのなんでもの力を使ったりしてるのにご都合主義みたいにはなってないのはすごいね。


          応援ミク



          ロウきゅーぶ!〈5〉 (電撃文庫) 感想

          0
            ロウきゅーぶ!〈5〉 (電撃文庫)ロウきゅーぶ!〈5〉 (電撃文庫)
            蒼山 サグ てぃんくる

            アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋 (電撃文庫) 電波女と青春男〈5〉 (電撃文庫) ほうかご百物語〈8〉 (電撃文庫) ロウきゅーぶ!〈4〉 (電撃文庫) 司書とハサミと短い鉛筆〈6〉 (電撃文庫)

            by G-Tools

            JUGEMテーマ:ライトノベル

            ちょっと物語の展開的には停滞気味。
            愛莉の成長とひなたの成長が見られた巻でした。

            ひなたの妹のかげつちゃんが初登場と竹中の再登場の2大メインかと思いきや。竹中は空気。

            次は短編集とかになりそうな雰囲気だけど、これ以上停滞気味はあまりいただけないかなと。

            応援ミク



            ほうかご百物語8 (電撃文庫) 感想

            0
              ほうかご百物語〈8〉 (電撃文庫)ほうかご百物語〈8〉 (電撃文庫)
              峰守 ひろかず 京極 しん

              司書とハサミと短い鉛筆〈6〉 (電撃文庫) ロウきゅーぶ!〈5〉 (電撃文庫) レンタル・フルムーン〈3〉第三訓 星に願ってはいけません (電撃文庫) 恋する鬼門のプロトコル (電撃文庫) 世界平和は一家団欒のあとに〈10〉リトルワールド (電撃文庫)

              by G-Tools


              すべての妖怪、そして妖怪に関わった人間を完全に無に帰す「大祓」が遂に始まる。

              本格的な戦いは半分過ぎたあたりから始まるんですが、それまでの半分は前巻から真一たの知らないところで進められてきた大払えの準備が完了し、徐々に真一たちの知るところになっていくって展開で話の進み方はいつも通りの緊迫感はあるけどちょっとユルイ感じになってます。
              ただ、ニュー吹奏楽部の部長がだたの女好きなだけじゃない一面も見られちょい見直しました。

              そして後半遂に発動した「大祓」。
              今までの登場人物総出演でしたが、活躍というか目立ったのは今までなんとなくだったカップリングの方々。
              それぞれの関係がこの戦いによっていっそう深まる。
              稲葉先生は別。相変わらず出てくるページ数は少ないのにいい仕事してくれる!


              キツネかっこいい!!


              一番関係の進んだのはあの二人。
              そして、真一とイタチさんの関係もこれまでとはちょっと違った雰囲気になりそうな予感?

              応援ミク






              現在の閲覧者数:


              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              search this site.

              はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

              3DS、始まったな!

              閃乱カグラ -少女達の真影- (2011年夏発売予定)
              閃乱カグラ -少女達の真影- (2011年夏発売予定)







              sponsored links

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM